HAM Radio by JR4DHK & Hiroshima BW48 (CB)
アマチュア無線(DX,RTTY,PSK31,EchoLink APRS 合法CB無線 etc)について
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
TS-990にはRCP(Logger32)がお勧めです!
久しぶりの投稿です(汗

さっそくですが
タイトルのとおり
TS-990にはRCP(Logger32)がお勧めです。

DX CW 3-5UPで運用がある場合を考えてみましょう!

・SUBのTXボタンを長押しする
・3のボタンを押す(3UP)
・SUBのRXボタンを押してサブ受信機をオンにする
・バンドスコープをセンターモードにする
・バンドスコープのスパンを20KHzに切り替える(数回操作が必要な場合もある)

5回の操作を行う必要があるのですが
ボタンの場所は本体パネルに点在しており
スムーズにいきません。

そこで、Logger32にあるRCP(Radio Control Panel)の出番です。

最近の無線機はPCで操作するための
各種コマンドが用意されており
当方の場合、上段左から3つの目のボタンに
次のコマンドを設定しました。

$command SP1;$
$command SP003;$
$command SB1;$
$command BS30;$
$command BS42;$

これで、このボタンを1クリックするだけで、上記の5つの操作が
1回ですみます。

これは、お勧めですよ(ホント!)

TS-990は多機能なので
各種設定を変える場合、
設定メニューの深い場所をつつかないと?
設定が反映されないケースが多いのが
不満でしたが

自分がよく行う操作をこのRCPに設定しておくことで
操作が楽(横着?)になります。

まだ空いたボタンもあるので?
何を設定して楽に(横着?)になるろうか?
考えております(笑)

Logger32をサポートされている
JA1NLXさんのブログ情報には
いつも感謝しております。

もちろん、他の無線機でも応用できますので
Logger32のユーザーはぜひお試しください!


RCP
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ