HAM Radio by JR4DHK & Hiroshima BW48 (CB)
アマチュア無線(DX,RTTY,PSK31,EchoLink APRS 合法CB無線 etc)について
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デジタル音声用レピーターはマルチモードに対応できないか?
日本では
JARLがD-STARの開発に関与?してしまったことから

デジタル音声方式については
D-STARのみが推薦方式になってしまったようですが

今話題のデジタル簡易無線では
別方式(C4FM)のデジタル音声方式が採用されており

バーテックスが主張されるように?
D-STARの形式は古い?というのも
うそではない感じです。

現状レピータの免許は
JARLが独占状態ですので
バーテックスがC4FMレピーターを設置したいと
いった場合,JARLはどういった態度を示すのでしょうか?

JARLの良識が?問われてます。

ここからいつもの妄想?となりますが(笑)

レピーターというのはある意味公共財となりますから
複数のデジタル音声方式に対応した
レピーターにならないでしょうか?

現時点では
・D-STAR(GMSK)
・C4FM
・その他
の形式がありますが

デジタル簡易無線の形式をみると
C4FMが多いですから
D-STARとC4FMのデュアルモードレピーターは開発できないでしょうか?

これにより,D-STARユーザーも?
来年発売されるというC4FM方式のユーザーも
等しく?レピーターを利用できます。はは

もちろん?
双方の音声通信はできないですし
音も聞こえませんが?

双方の音声通信を妨害することのないように?
このレピーターの利用中だけは
デジタル簡易無線で採用されているキャリアセンスを採用する
ことはできないでしょうか?

このキャリアセンスは
問題も多いのですが
双方の音声が受信できないなかでの
苦肉の?アイディアです。

もしくは
アイコムさんであれば
プライドを捨てて?
D-STAR(GMSK)とC4FMの
マルチモードハンディを開発してくれれば
いいのですが,プライドが邪魔して?
無理かな?(笑)

2方式が乱立するのは
しょうがない状勢なので
レピーターは平等に対応してほしいですね(妄想?)

さて,今後の情勢に注目したいですね!?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。