HAM Radio by JR4DHK & Hiroshima BW48 (CB)
アマチュア無線(DX,RTTY,PSK31,EchoLink APRS 合法CB無線 etc)について
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
非常通信用周波数・モードを統一できないのか?
このたびの東日本大震災では
既存の通信インフラが大きな被害をうけ
非常通信ができないことから
大きな混乱が生じたようです。

また,災害時にいろんなところから
いろんな分野の応援部隊が
現地に入り,支援活動に入りますが

携帯電話,固定電話等の通信手段が使えるなら
問題ないのですが,
そうでない場合,無線機を持ち込んで
必要な通信を行います。

その際に,いろんな関係機関の
共通の通信周波数やモードがないので
組織をまたいだ通信が困難であったとの
話をききました。

行政や,各インフラ関係団体は
各自,無線通信設備を整備しているのですが
大災害時には,組織をまたいだ
通信が必要となるケースも考えられますが,
それができるような仕組みになっているのでしょうか?

被災地でほんとに?役立つ
非常通信用周波数・モードが必要だと思うのですが
そういったものがあったのでしょうか?

一つの私案ですが
アマチュア無線の1チャンネルを
非常通信用に割り当てを行い,
通常はアマチュア無線業務で利用するのですが
非常時には,各関係機関との共通の連絡周波数にも
利用できるというのはいかがでしょうか?

もちろん,各関係機関の無線機がこれに
対応していないと意味がないのですが
通常は,各機関に割り当てられた周波数を利用し,
非常時に各機関をまたぐ通信が必要なときだけ
この非常用周波数・モードを利用できるというものです。

利用しやすいのは
144MHzもしくは433MHzのFMの空きチャンネルですかね。

アマチュア無線の周波数を使うのは
反対意見もあるかもしれませんが

一時より減ったとはいえ
一般人が使える無線機が市場に多く流通している点と,
アマチュア無線をもった一般人からの情報提供も期待できる点,
被災地等でほんとに非常通信が必要な場所で

非常用通信周波数とモードが統一され,
多くのアマチュア無線家や多くの関係機関がこの周波数を聞いて
いるという環境づくりが必要


だと思うのですが,いかがでしょうか?

このたびの大震災の非常通信については
後日,十分に検証して?
改善すべき点は改善しておきたいものですね。

趣味のアマチュア無線も非常時にはお役に立てることを
希望したいです。(まじめな話でした。はい)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: ボランティアチームとか
> 無線のボランティアグループといえば日赤ですが、
>日赤以外での一般ボランティアとしての無線チーム被災地派遣なんてのも良いのでは?

マスコミ報道によると,アマチュア無線家の有志による非常通信支援があったようです。

> 日頃からスキルを磨いて、非常時には総務省が招集するとか...まぁ旨くやらないと
>烏合の衆になる気もしますが、何も考えないよりはマシです。お上はこれを機会に何か考えて欲しいですね。

まだまだ,国がばたばたして余裕がないのかもしれないですが
過去を踏まえて,現在・未来があり
失敗から学ぶしかないので,
今回の非常通信の検証委員会の開催が望まれますね。
2011/08/15(月) 13:43:48 | URL | JR4DHK #-[ 編集]
ボランティアチームとか
無線のボランティアグループといえば日赤ですが、日赤以外での一般ボランティアとしての無線チーム被災地派遣なんてのも良いのでは?
日頃からスキルを磨いて、非常時には総務省が招集するとか...まぁ旨くやらないと烏合の衆になる気もしますが、何も考えないよりはマシです。お上はこれを機会に何か考えて欲しいですね。
2011/08/12(金) 23:04:48 | URL | JN4TEW #psQy70AU[ 編集]
Re: 全国共通波なら
おー,本職?さんのご意見ですね!参考になります。

緊急通信もいろいろ段階があると思うのですが
○災害発生直後
 被災地からの情報発信手段のマルチ化(アマチュア無線の活用?)
 被災時の非常通信周波数・モードの統一(一番使いやすく,ユーザーが多いもの)
 アマチュア無線や関係機関が上記をワッチしていること
○支援段階
 分野別支援機関の連絡周波数・モードの統一(支援機関同士の連絡がとれる,全国統一周波数)
 分野をまたいだ通信のための周波数・モードの設定(ちょっと難しいかな?)

特に被災直後は通信手段が限られますので
アマチュア無線の活躍が期待されますね。

懸念材料としては
以前に比べて,アマチュア無線のユーザーが減っており
2mのメインを聞いてもガラガラ状態ですので
非常通信をしても聞いている局がいるのか
不安になりますが,
一般人が使える無線機としては
いまのところ,最有力です(かな?)

今後成長が期待されるのは
デジタル簡易無線ですが,
普及率や,汎用性がまだ低くく
どうでしょうか?

被災地に行ってもいないのに?
語っておりますので,説得力がないですが
非常通信がうまくいくように
貴殿?を含めた実際に非常通信を行った方々の意見を聞く場を
総務省等が設けて,改善すべき点は
改善すべきでしょうね!?

日本人の英知?を結集して
これまでのしがらみ?に左右されることなく,
真に望まれる非常通信のあり方を
議論し,改善し,
今後発生が予想される?
南海地震等に備えたいものです。
2011/08/10(水) 18:19:01 | URL | JR4DHK #-[ 編集]
全国共通波なら
良いアイデアだと思います。 加えて、DMAT隊員養成研修では無線通信も習いますので、特例でアマ4級の資格も与えられたら、さらに良いかもしれません。

DMATの通信手段は衛星携帯です。衛星捕獲の指向性や移動使用困難などの欠点はありますが、距離関係なく繋がることと、ほぼ携帯電話と同じ感覚で使えることが強みです。
近距離の通信手段はバラバラです。日赤チームは専用周波数で、それ以外はほとんどが省電力か簡易業務無線。

過去の訓練等で感じたことは、日常業務で消防無線を使う消防機関に対して、日頃鍛錬していない医療機関が(同じチャンネルで)いきなり無線を使うのは、下手すれば情報網を困難させる恐れがあります。

非常用通信周波数とモードの統一と同時に、非常時に備え自治体関係者や医療機関チームは、警察や消防機関と同等の無線通信スキルを日常維持する必要があると考えます。
みなさま趣味として日頃からアマチュア無線で鍛錬しておくのが、最も近道だと思います。

日頃ビーコンとメッセージしか発射しない私が言うのも何ですが。(汗)
2011/08/10(水) 14:52:50 | URL | JN4TEW #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ