HAM Radio by JR4DHK & Hiroshima BW48 (CB)
アマチュア無線(DX,RTTY,PSK31,EchoLink APRS 合法CB無線 etc)について
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EchoLink専用インターフェイス(AMI-2)が快適?!です。
エコーリンクのリンク局を運用するためには
パソコンと接続するインターフェイスが必要で
品質?を問わなければトランジスタ1個,抵抗等の数個の
部品で製作可能であり,WIRESにはない?
お手軽運用ができます。

がしかし,お手軽運用ではVOXでの運用となり
あーと?ずっとしゃべっていないと
インターネット側への送信がきれるという
問題が発生します。

よって安定した運用を行うためには
WIRESのように,無線機のデータ端子にある
スケルチ端子を利用して
スケルチオープン時にはインターネット側へ送信する
インターフェイスを用意する必要があります。

当方は,CQ出版書籍の「インターネット・アマチュア無線」の
インターフェイス製作記事を参考に
インターフェイスを製作し,
このスケルチ制御運用をおこなっていた時期があったのですが,
インターフェイスがなぜか?故障し
その後,別回路で自作を試みるものの,うまく動作せず(涙?)

しばらくは,簡易インターフェイス+SoftTSQの
組み合わせで運用しておりました。

このSoftTSQによる運用では
当方のパソコン環境では,ときたま動作がとまっていることがあり
また,ソフトウェアでトーンを検出させてますので
若干反応が遅い問題がありました。

そこで,今回自作をあきらめ?,
EchoLinkのホームページで
紹介されているインターフェイスを輸入し,
先日,さっそく接続を行ったところ,
無事,動作することを確認しました。

専用ハードウェアだけに
とても?信じられないぐらい,
俊敏な送受信切り替えができますし
かつ,DTMFのデコーダー機能で,
ダイヤルトーンの検出も早い&大幅な精度向上!がありました。

こんなに?いいものなら
もう少し早く導入すればよかったと思いますが,
その分,来月のカード請求が怖い? はは

でも,エコーリンクのノード局を運用される方には
ぜひお勧めしたいですね。

110510_203204.jpg

110510_203123.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし

> 良い買い物をされましたですね、おめでとうございます。
> また、昨日はエコーリンクでの交信ありがとうございました。

出費がつづいて?おりますが
いいですよ!貴殿もいかがですか?

> またお願いします。

また,Echolink経由の交信&愛媛?でお会いしましょう??
2011/05/13(金) 12:28:28 | URL | JR4DHK #-[ 編集]
お世話になります。

良い買い物をされましたですね、おめでとうございます。
また、昨日はエコーリンクでの交信ありがとうございました。

またお願いします。
2011/05/12(木) 22:12:51 | URL | JA6CFI 岩下 #XSag7DMU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。