HAM Radio by JR4DHK & Hiroshima BW48 (CB)
アマチュア無線(DX,RTTY,PSK31,EchoLink APRS 合法CB無線 etc)について
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ICB-770 kai の誕生 ! すばらしい!?
皆さん知っての通り
平成17年12月より無線設備のスプリアス発射強度の
許容値が大幅に見直され
合法市民無線機の基準適合機の使用期限は、
平成34年11月30日までとのこと。

当方が持っている愛機?ICB-87Rもこのままでは
平成34年11月30日でジエンド?を迎えることになります。

絶滅危惧種である合法市民無線機?は
現在製造しているメーカーはないことから
平成34年11月30日ですべての無線機が
使用禁止となって消える運命にあります。

アマチュア無線機も同様な運命がありますが
新基準を満足した無線機が発売され
金銭的には辛いですが、電波がだせる
無線機がなくなることはないです。

現在40歳台の方はご存知だと思いますが
昭和50年代前半に市民無線のブームがあり
当方も、アマチュア無線の免許を習得する前に
これにはまっていた時期がありました。

ふとしたきっかけで
数年前に当方もこのなつかしい
市民無線に復活したのですが

アマチュア無線のハイパワー運用では
味わえない、QRP運用の醍醐味や
たった0.5Wで味わえるEスポでの長距離交信の楽しみがあり
今でも、とくにEスポシーズンには
ICB-87Rに電池をいれて、ノイズが少ない箇所を求めて?
移動運用を楽しんでおります。

この平成34年に合法市民無線機が消える?問題を
解決するプロジェトを発見!

みんなのための技適ネット

ISHIMARU ICB-770 Kai

新技適の扉を開いたフクオカAB182局に対して
コングラチュレーションといってあげたいですね。

じつは、当方若気の至りでしょうか?
ソニーさんやアルインコさんへ合法市民無線機の
製造をお願いするメールを送ったことがあるのですが
市場がないということで、断わりのメールをいただいたことが
あります。

このままではほんとに?絶滅する運命にあったわけですが
なんとか、生き残れる道筋ができたようです。

今後も安定的に生き残れる?ためには
どこか?中国製でもいいですから
この魅力的な合法市民無線機を製造していただけ
メーカーはないでしょうかね??

はは、無理かな?!

中年おじさんのロマンをかなえてください!

無線機メーカー様!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。