HAM Radio by JR4DHK & Hiroshima BW48 (CB)
アマチュア無線(DX,RTTY,PSK31,EchoLink APRS 合法CB無線 etc)について
201104<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201106
次期 TM-D720 ?(仮称)の大胆予想!?
先日,昨年の当方の財布を苦しめた?
愛器 TM-D710の大幅なバージョンがあり
最新機種であるTH-D72にだいぶ追いついてきましたが?
追いついていない機能もあり?
噂?にあるように,大幅なバージョンアップが
難しくなっているのかな?とも思っております。

そこで,ちょっと早い?ですが
次期 TM-D720 ?(仮称)について
大胆予想!?をしてみます。

希望&妄想?が入っておりますが
万が一?この予想のとおり?でたら
APRS投資地獄で?
また借金がふえそうで怖い?!
ので,この予想のままで出さないでね?!(笑)

TM-D720(仮称)予想
(まず間違いなく?,実装されるであろう仕様?)

・TM-D710に実装されている機能(当たり前?)
・USB接続端子(TH-D72相当)
・GPS内蔵
・外部GPS対応
・WAYPOINT出力対応
・ロガー機能
・ターゲット機能
・ビーコンで受信した局をターゲットに設定可能
・上記で,ターゲット局が動いた場合,自動で再計算
・ユーザーフレーズ登録は10個以上?
・中継経路自動表示画面から手動でデジピーター指定デジが可能


(ちょっと期待したい仕様)

・Bluetoothヘッドセット対応
・中継経路自動表示機能の発展で?自動で個別デジ指定による,デジ回数の削減
・WAYPOINT出力対応はガーミンのアイコン対応
・MICRO SD内蔵可能(アマチュア無線機では初!?)
・MICRO SD経由でのファームウェアアップ可能
 (車へPCを持ち込まなくてもファームウェアのアップが可能)
・MICRO SDに,各種設定が保存可能&ワンタッチ切り替えが可能!
・MICRO SDに,GPSログが保存可能(パスワードによるデータ保護あり!?)
・MICRO SDに,PCで編集したレピーター,エコーリンクノード位置情報等
 のデータを保存し,無線機で活用可能
・上記のデータにより,車で移動中に,最寄のレピーターが利用可能な範囲に入った場合,
 レピーター情報を自動でポップアップ&周波数のセットが可能
・KENWOODのカーナビはARPS対応!になる!

(巨大!妄想仕様?!TM-D770?)
・大画面カラー液晶!もちろんカラー地図上に受信ビーコンを表示可能!
・タッチパネルで各種の操作可能!(Nuvi360+Tracker2 or AVMap+TT4相当)
・各種モバイルインターネット回線を利用可能(Docomo,au,softbank etc)
・インターネット回線が利用できるところでは,グーグルマップ等のインターネット地図の利用が可能
・インターネットつながらない場合,内蔵地図を利用
・RFでのみの運用,インターネットのみの運用,接続のワンタッチ切り替えが可能
・RFの受信状況から,インターネットがなくてもIGATEされる場合は
 RF運用を優先し,RFのみではAPRSサーバーにデータが到着しない場合は
 インターネット回線へ自動切換え機能!


以上で大胆予想?を終わります。
当方の予想が当たるか?当たらないだろうな??
あたったら,借金地獄決定かな?はは(笑)
スポンサーサイト
新旧対決!?TH-D72 VS TM-D710(UPDATE)
昨日(20日)に公開された
TM-D710のアップデートファイルを
朝一番?TM-D710へ適用してみました。

特に嬉しかったのが
自分のビーコン等がどのデジピーターで
デジされたのかが,
すぐに,ポップアップで
表示されて,わかるのが快適ですね!

新機種であるTH-D72に先に搭載されて
非常に便利であると思っておりましたので
旧機種である?TM-710にも搭載され,
感謝,感激?です。>KENWOOD 様

また,APRSは簡単なメッセージ交換が楽しいのですが
事前に登録したユーザーフレーズを
簡単に送信できる仕組みがあります。

TH-D72では,このユーザーフレーズを
見て選択できるのですが
TM-710では見て選択できておりませんでした。

今回のアップデートでTH-D72と同様に
ユーザーフレーズを見て
選択できるようになりました。

ちょっと残念なのが?
TH-D72ではこのユーザーフレーズは
8つ持てるのに対して
TM-710はたった?4つしかないことですね。

それ以外でもたくさんの改良がありますが
特に嬉しかったのが上記の2点です。

で,新旧対決?どちらが勝つ?のでしょうか?

ハンディ無線機と車載無線機ですので
ジャンルが違うので?
比較はどうかな?という面もありますが
当方なりに整理したら,次のとおりです。

○TH-D72が勝っているもの
・GPS内蔵
・GPSロガ―機能
・ターゲット機能
・ユーザーフレーズが多い
・ステータステキストに周波数,トーン,+-を自動で埋め込み可能
・上記は5つのステータステキストに挿入可能

○TM-D710が勝っているもの
・プログラマブルメモリー機能(これは便利!)
・APRS IGATE&ECHOLINKノード(COS対応)同時稼働
・画面がでかい!(当たり前か?)
・出力が大きい!(当たり前か?)

となり,ジャッジは引き分け?!かな
ただ,噂?によるとTM-D710は
機能アップに必要なシステム容量に
もう余裕がない?ということなので
今後,TH-D72が機能アップされたら,
負けてしまうかな??

現時点では,新旧対決?はいい勝負をしております。はは



EchoLink専用インターフェイス(AMI-2)が快適?!です。
エコーリンクのリンク局を運用するためには
パソコンと接続するインターフェイスが必要で
品質?を問わなければトランジスタ1個,抵抗等の数個の
部品で製作可能であり,WIRESにはない?
お手軽運用ができます。

がしかし,お手軽運用ではVOXでの運用となり
あーと?ずっとしゃべっていないと
インターネット側への送信がきれるという
問題が発生します。

よって安定した運用を行うためには
WIRESのように,無線機のデータ端子にある
スケルチ端子を利用して
スケルチオープン時にはインターネット側へ送信する
インターフェイスを用意する必要があります。

当方は,CQ出版書籍の「インターネット・アマチュア無線」の
インターフェイス製作記事を参考に
インターフェイスを製作し,
このスケルチ制御運用をおこなっていた時期があったのですが,
インターフェイスがなぜか?故障し
その後,別回路で自作を試みるものの,うまく動作せず(涙?)

しばらくは,簡易インターフェイス+SoftTSQの
組み合わせで運用しておりました。

このSoftTSQによる運用では
当方のパソコン環境では,ときたま動作がとまっていることがあり
また,ソフトウェアでトーンを検出させてますので
若干反応が遅い問題がありました。

そこで,今回自作をあきらめ?,
EchoLinkのホームページで
紹介されているインターフェイスを輸入し,
先日,さっそく接続を行ったところ,
無事,動作することを確認しました。

専用ハードウェアだけに
とても?信じられないぐらい,
俊敏な送受信切り替えができますし
かつ,DTMFのデコーダー機能で,
ダイヤルトーンの検出も早い&大幅な精度向上!がありました。

こんなに?いいものなら
もう少し早く導入すればよかったと思いますが,
その分,来月のカード請求が怖い? はは

でも,エコーリンクのノード局を運用される方には
ぜひお勧めしたいですね。

110510_203204.jpg

110510_203123.jpg

合法CBとAPRSのコラボ?!
昨日の夕方,11mが開けておりましたので
急遽,近所の公園に出動しました!



ここでは,ついに?
優良借金である?TH-D72とのコラボ?が実現(笑)

いずれも当方の財布を苦しめて?おりますが,

TH-D72を利用することにより
当方の移動運用地が明確?になりますし
下記で検索し,とくにビーコンコメントに
CB 27.144という文言等がはいっておりましたら
合法CB運用中ですので,ぜひコールしてみてください。

JR4DHK-7
http://aprs.fi/?call=JR4DHK-7&mt=roadmap&z=11&timerange=3600

今シーズンはこの組み合わせで,運用しますので
各局よろしくです。

DE JR4DHK & ひろしまBW48
10m FM DX8FAR フィリピン レピーター開局(感謝!)
以前,開局のうわさ?は聞いていたのですが

10m FM DX8FAR フィリピン レピーターが開局しておりました。

ダウンリンク 29.64MHz
アップリンク 29.54MHz
アクセストーン 88.5Hz

今日,初めてアクセスしたところ
良好にアクセスでき,また管理人さんである
JI1FGX/DU9 さんともお話できました。

ありがとうございました。

10m FM はHF帯でありながらFMが楽しめますので
好きなバンド,モードですが
普段は非常に静かです。

このレピーターは比較的,安定的に
アクセスできますので
楽しめますね。

以前は北海道にも10mFMレピーターがあったのですが
閉局されているようで,
久々の10mFMレピーターの利用でした。

関係者の皆様に感謝,感謝です。はい
今シーズンの秘密兵器?はなかなかやるぞ!?
今シーズンの秘密兵器?ですが
本日,いしかり局の襟裳岬移動とつながり!
今シーズン最初の8エリアとなりました!

Eスポは開けていない感じだったのですが
8chをきいてますと
かすかに,コールしているのが聞こえました。

で,なんと襟裳岬移動局でびっくり!?

ご老体の無線機ですが
なかなか,がんばってます!

インテリジェントな中継経路自動切替にならないか?(提案?!)
今のところ,TH-D72にしかない?機能である
中継経路自動表示機能は非常に便利ですね!!
高いところにあがると,すぐに?
複数のデジが反応することがわかりますが,
どのデジが反応しているか?
すぐにわかりますので,非常に便利&参考になります。

早く?TM-D710にもほしい機能です。>KENWOOD 様(お願い!?)

話はかわりますが,以前
TH-D72 中継経路自動表示機能の発展はできないか(提案?!)
を書いたところですが
ちょっと関係のあるものとして
中継経路自動切替機能(PROPORTIONAL PATHING)があります。
皆さん,これって使ってますか?

日本の現状では,デジやIGATEが過密状態になりつつあり
デジパス設定は,基本がWIDE1-1,次にSSn-N,
次に指定デジもしくはデジパスなしになると思います。

よって現状の中継経路自動切替機能では
日本の実情にあっていないので
ちょっと改善案を考えてみました。

1分:WIDE1-1
2分:SS1-1
3分:デジ局指定
4分:指定なし

上記を繰り返します。

ただ,単純に繰り返すのではなく
インテリジェントな動作が加わり?
最初WIDE1-1でビーコンを出して複数のデジが反応することが確認できたら
自分の位置情報から地域コードを判別し
ここ広島県でいえば,HS1-1を指定します。

逆に言えば,
複数のデジが反応しない場合は,2分目もWIDE1-1でビーコンを飛ばします。

同様に,HS1-1を指定して複数のデジが反応する場合は,
最初に反応(もしくは電波強度が強い)したデジコールを
取り込み,次のビーコンはその取り込んだデジコールを指定して
ビーコンを飛ばします。
これも,複数のデジが反応しない場合は,引き続き
HS1-1を指定してビーコンを飛ばします。

最後のデジパス指定なしですが
これは,最寄りのIGATEがダイレクトに見えているのが条件となりますので
IGATEがだしているパケットにはTCPIPの文言?がありますので
これがダイレクトに見えれば?,IGATEが最寄りにあると判断して
デジパス指定なしでビーコンを飛ばします。

以上の動作を繰り返すのですが,
インテリジェント?な切替となりますので
実際にはデジパス指定がいったり,きたりすることになります。

広島市近郊での走行した場合(144.64MHz/9600bps)は,
下記の段階(デジパス)を
いったり,きたりすることになります。

第1段階 WIDE1-1
     ↓↑
第2段階 HS1-1
     ↓↑
第3段階 JE4YKP-2 or JR4IUS-10
     ↓↑
第4段階 デジパスなし

上記により,WIDE1-1のみのビーコン送信より
幾分,デジ回数がへらせると思いますが
いかがでしょうか?

ここでのネックは,地域コードの判別ですかね?
無線機の本体に,この範囲は広島県(HS),
この範囲は山口県(YG)といったデータをもってないと
自動で切り替えができません。

テーブル設定用に記憶容量がとられますので
現行機種ではちょっと難しいかもしれませんが
新機種ではお願いしたい機能ですね。

APRS初心者が増えている現状を考えると
不要なデジを減らすための方策として?
検討をお願いします。>各メーカー様!?
CQ誌5月別冊「APRSの世界」の感想!?(基本が大事!?)
当方の愛用のGPS(GARMIN 60CSx)の写真が掲載された?
CQ誌5月別冊「APRSの世界」の感想!?です。

大部分が?初心者向けに書かれており,
たいへんわかりやすく書かれており,
APRSを始めてみたい?
興味がある,始めたばかりの人には
お勧めの別冊ですね。

でも?,初心者向けといっても
ベテラン局でも,かならず確認すべき事項が
しっかり書かれておりました。(さすが?!)

3月の西ハムのAPRS講演内容で,
大御所?様へ事前にリクエストしたおかげで?
ベテラン向けの講演内容を聞くことができたのですが
今回の記事にもその内容が含まれており
基本を確認するうえで,たいへん勉強になります。

特にP30~38の内容は
初心者,ベテランにかかわらず知っておくべき
基本内容ですね。

特にP34に書いてある
「必要以上,飛ばさないということがスマートな運用である」
という文言は,混雑地域では重要となっているようです。

広島のエリアも以前にくらべて格段に運用局が増えましたが,
関東地方の過密状態とまでなっていませんので
まだそれほど問題にはなっていませんが
今後ますます運用局が増える(希望?)でしょうから
基本が大事!ということで,
各局,今月のCQ誌を買いましょう!?はは(宣伝?!)






copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ